会社の運動会に行きたくない!確実に不参加出来る2つの方法を紹介

会社

会社によっては、運動会を開催している所もあります。

しかしせっかくの休日を、運動会で潰すされる事に嫌悪感を持ち、「行きたくない」と思っいる人達も多くいると思います。

私も強制参加の運動会に毎年苦しめられてきましたが、やはり「行きたくない」という本心には勝てず、開き直って不参加し続けた事があります。

今回運動会を、確実に不参加できる方法を紹介しますので、参考にしてもらえたらと思います。

ちなみに転職を本気で考えている人は以下のサイトがオススメ!

実際に転職した人の約8割が利用しています。

圧倒的な求人数で、地域・職種・年齢・問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。

今すぐこちらをクリック↓↓↓

リクナビNEXT ネクス子

会社の運動会に行きたくない!行かないのもアリ

まず会社が運動会を開催する理由として・・・

  • 普段関わりがない人達と接することができる。
  • 参加した人達の意外な一面や素を知ることができる。
  • 社長や役員など距離が遠い人とも気さくに話ができる。
  • 日常的なコミュニケーションが増え結果、社内が明るくなり活気が増す。

といった社員間の絆を深める事が目的と言われています。

しかし実際はどうでしょう?

  • 「参加しないと上司に怒られる」
  • 「参加しないと給料やボーナス査定に影響がある」
  • 「みんなが参加しているので、参加しないと職場で浮いた存在になる」

という考えが、大半を占めていると思います。

ただ私も数年間は運動会に参加しましたが、正直、メリットを感じた事はありませんでした。

参加したから仕事がスムーズになるかと言ったらそうでもなく。

他の人達とコミュニケーションを深めることも無かったです。

そもそも多くの人達が惰性で、運動会に参加しているわけです。

ですから、強制参加だったとしても、自分にとってメリットが無いと感じているなら”行かないのもアリ”だと思います。

スポンサーリンク

会社の運動会を毎年ブッチした事も

私は新入社員として、ある会社に就職しました。

その会社は、運動会などのイベントには力を入れており、イベント全て強制参加でした。

職場で最年少だった私は、イベント事がある時は、設営準備から後片付けまで、必ず参加させられていました。

当然、運動会でも準備委員会のメンバーに強制的に入れられ

  • 景品決めや買い出し
  • 駐車場のラインひき
  • テントや椅子の設営

など、仕事中にも関わらず「運動会の準備を優先しろ」と上司からの命令を強いられていました。

しかし、運動会準備を優先した所で、仕事のフォローを誰にもしてもらえず、準備が終わった後、徹夜で仕事をする事が多々ありました。

運動会当日も朝早くから召集させられ、進行するための裏方や、応援団みたいな事もやらさていました。

そして、職場対抗的な競技には「一番若いんだから」という理由で、全ての競技に出場させられ、「こんなことやって意味があるのか?」と苦悩しながら、参加していました。

それからしばらく(5年ぐらい?)、職場に新人が入って来なかったので、我慢して運動会に参加していました。

しかし、給料が上がる訳でもなく、デメリットしか感じなかった私は「もういいだろう」「やることはやった」という開き直りの気持ちになり、それ以降、当日の運動会はブッチすることにしました。

スポンサーリンク

確実に不参加出来る2つの方法を紹介

まずは”職場の人達のことは一切気にしない”という気持ちを持ちましょう。

一回不参加できたら、次からは気持ち的に楽になります。

そして当時の私と違って強制参加の会社も少なくなっていると思いますが、もし強制参加だった場合は”上司に怒られてもいい”という気持ちを持ちましょう。

その上で、私がブッチした2つの方法は・・・

  1. 体調不良
  2. 知り合いの法事がある

といった理由を毎年交互に使ってブッチしていたので、確実に不参加できる理由付けができます。

体調不良は困った時に誰もが使う手法です。

私の場合、毎年運動会の準備まではおこなっていました。

ただ新入社員と違って毎年、仕事量も増えていき徹夜続きで自分の仕事を終らせていた事が多々ありました。

ですから「徹夜続きで体調不良になって当然だろう」という気持でいたので、上司から「なぜ休むのか?」と怒られても気にしないようにしていました。

また知り合いの法事にしても通常は、祖父や祖母をネタに取り上げると思いますが、それだけでは物足りなくなるので、ここは知り合いという大きな枠組みで捉えた方が、友達や趣味仲間などネタに困ることはないと思います。

実際、私も2つの理由で確実に不参加してきましたので、試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

転職して運動会参加に悩ませる事が無くなったので良かった

それから数年後、私は転職することになりますが、転職する際「会社行事の強制参加のない」会社を希望の1つにいれていたので結果、運動会はもちろん、社内旅行や新年会もない。

ただ忘年会だけはあるにはあるのですが、任意参加で強制ではないので、不参加でも上司や職場の人達から何も言われないので、私としては転職して非常に良かったと思っています。

何事も強制参加させる会社なら転職も視野に考えるべき

私の経験上、何事も強制参加を強いる会社は、自社製品や社長(会長)の著書などを、強制的に買わせる傾向にあると思います。

そうなってくると財布の中身が減り、心情的に大きなストレスがかかることになると思います。

果たして今の会社に居ることが、自分にとってプラスになるのか?転職サイトに登録して他の会社はどうなのか?比較してみてはいかがでしょうか。

もし、自分にとってマイナスだと感じるのであれば、転職も視野に考えることをオススメします。

今すぐこちらをクリック↓↓↓

リクナビNEXT ネクス子

▽転職を本気で考えているあなたが今すぐ読むべき記事はコチラ▼

面倒な手続き一切不要で会社を退職出来る革新的サービス↓↓

退職代行サービスEXITの口コミ・評判!手続き一切ナシで会社をおさらば

自分に合った転職サイトを見つけたいあなたはこちら↓↓

【年代別】おすすめ転職サイトを徹底比較!口コミ評判からあなたにピッタリのサイトを見つけよう!

自分の【強み】を知りたいあなたはこちら↓↓

【無料】グッドポイント診断で自分の強みが丸わかり!ブラック企業を卒業した私の事例!

スポンサーリンク

コメント