会社行事の強制参加はパワハラや違法では?人事評価に影響するのか気になる

会社行事

「上司から『会社行事に出ろ』と言われるが、これって強制参加しろってこと?パワハラじゃない?」

「前から思っていたが、会社行事の強制参加って違法じゃないの?」

「会社行事に参加しないと評価に影響するの?」

といった悩み答えます。

■本記事の内容

・会社行事の強制参加はパワハラになる?違法じゃない?
・会社行事の強制参加は人事評価に影響する!

会社行事の強制参加。これほど鬱陶しいものはありません。

仕事で疲れ切っているのに、飲み会や運動会などのイベントに参加したいと思う人はいないというのが現状だと思います。

しかし、人事評価につながる恐れがあるので、参加しないといけない空気感になっていることも確かです。

そんな状況に疑問を持っている人も多くいると思います。

私もそんな会社にいて、参加拒否をし続けた結果、人事評価で大きな影響を与えられました。

そんな私が経験を交え、会社行事の強制参加についてまとめたので、「会社行事の強制参加がパワハラになるのか?」疑問に思っている方は最後まで読んでください。

※ブラック企業に約20年勤めた他、数々の会社を渡り歩いた実体験を元に、筆者なりの解釈でまとめています。

会社行事の強制参加はパワハラになる?違法じゃない?

強制参加について「パワハラ&違法」にならない場合と、なる場合があります。

《 「パワハラ&違法」にならない場合 》

労働者が会社に従わなければならないのは、勤務時間の間だけという原則があります。

あくまでも労働契約として働いているわけですから、指示・命令が出来る契約時間内だけ「業務として」であれば参加を強制させることは可能です。

そして業務である以上、行事に参加中も通常通り賃金を支払う必要がありますし、休日や通常業務終了後など、労働時間外に開催する場合には残業代(時間外労働に対する賃金)を支払う必要があります。

また、業務である以上、参加中の時間も労働時間に当たるため、法定労働時間(1日8時間・週40時間、残業は週15時間・月45時間以内)を超えないようにしなければなりません。

休日などに行われる会社の運動会や、会社主宰による地域のイベントに参加した際、「振り替え休日で対応してくれ」というよくあるパターンもこれに該当します。

しかしほとんどの人が、多くの仕事量を抱えているため、振り替え休日も出来ない状態だと思います。

《 「パワハラ&違法」になる場合 》

こちらは逆で、賃金を支払わない場合は自由参加という事になり業務外扱いとなります。

労働者には参加の義務がありません。

なので会社行事に強制参加させ、時間拘束をする場合には違法となってしまいます。

例えば、プライベートの飲み会や上司の世話など、業務でないのに参加を強制することは違法であり、「パワハラ」「モラハラ」などと評価されて損害賠償の対象となります。

スポンサーリンク

会社行事の強制参加は人事評価に影響する!

本来なら業務外の自由参加とする場合でも、会社行事に参加しなかったことを理由に給与を減額されたり、人事評価で不利な評価をしたりした場合など、違法性が高いと言われています。

しかし私の経験上、強要&自由に関係なく会社行事への参加率は評価の対象となります。

多くの会社では、人事制度で自己評価を用いります。

評価をする際、「会社行事に参加してますか?」という項目が必ずあり、その自己評価をもとに上司と面談。

その結果が人事評価となります。

参加率が高ければプラス査定、参加率が低ければマイナス査定となります。

人事評価は給料に大きく反映されるので、多くの人は嫌でも会社行事に参加せざるをえない状況だと思います。

私がブラック企業にいた時です。

入社した頃は会社行事といったら忘年会でした。

上司から「絶対に参加しろ」と強要されていたので、全員参加が基本でした。

しかし人手不足と厳しい納期設定の為、私を含めた数人の社員は忘年会終了後、会社に行って仕事をしていました。

当然、サービス残業&忘年会は業務外扱いなので違法です。

「忘年会に強制参加といっても手当が出るわけではないだろう。だったら仕事しよう。」と社員の中で私だけ参加を拒否しました。

これに社長や上司が激怒して「お前は協調性がない。」と人事評価で大きくマイナス査定にされたのは言うまでもないです。

その後も社内スポーツ大会や、駅伝大会といった行事も増えましたが、全て参加を拒否して、その間は仕事をしていました。(サービス残業です。)

「会社行事に参加すること」と「参加しないで仕事をしていること」どちらが会社のために頑張っているのかということを、社長や上司が知る由もなく私は約20年。

「協調性のない人間」としてマイナス査定のまま退職しました。

スポンサーリンク

会社行事の強制参加が嫌なら、今から転職を考えるべき

違法やパワハラ行為とわかっていながら、人事評価に絡めて強制参加を強要する会社は多々あると思います。

行事に参加しても、私みたいに会社に戻って仕事をせざる負えない人もいるかと思います。

また取れそうもない「振替休日で対応しろ」というのも同じです。

そういう状況に嫌気がさしているなら、転職を考えることもアリです。

私は転職して会社行事とは一切無縁の会社にいます。

強制参加の呪縛から解放され、休日もしっかり休めて、仕事だけに集中出来ているので、転職して良かったと思っています。

なので、強制参加が嫌なら、この際、思い切って転職活動を始めてみてはいかがでしょうか。

転職活動といっても決して難しくありません。

ただ転職サイトに登録するだけです。

一度登録してしまえば、あとはメールを確認しつつ、興味ある案件に応募するだけですから。

とは言っても、「転職サイトって沢山あってどれに登録していいのか分からない…」という人も多いと思ます。

そんな人のために「無料診断あり:ブラック企業出身者の私がおすすめする転職サイト3社」でおすすめの転職サイトを紹介しているのでそちらを参考にしてみてください。

スポンサーリンク



転職を本気で考えているあなたが今すぐ読むべき記事はコチラ

面倒な手続き一切不要で会社を退職出来る革新的サービス↓↓

退職代行サービスおすすめNo.1!料金や口コミ・流れや内容を徹底解説

自分に合った転職サイトを見つけたいあなたはこちら↓↓

無料診断あり:ブラック企業出身者の私がおすすめする転職サイト3社

自分の【強み】を知りたいあなたはこちら↓↓

【無料】グッドポイント診断で自分の強みが丸わかり!ブラック企業を卒業した私の事例!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました