ワンマン社長との付き合い方に悩んだら…今すぐ転職すべき!

社長

“ワンマン=自分の思うとおりにふるまう人。独裁者。”と言われ、一般的には社長をさしています。

読んで字のごとく、こういう社長と付き合うには(人間性にもよりますが)、相当なストレスやプレッシャーに耐え続けなければなりません。

中には「耐えきれない」と悩んでいる人もいるかと思います。

かくいう私も耐えきれず、転職した身です。

経験から言わせてもらえば、付き合いきれないと思っているなら、早めの転職が無難です。

今回、私の体験や解釈をまとめていますので、参考にしてもらえたらと思います。

ワンマン社長との付き合い方とは?イエスマン(社蓄)になるしかない

ワンマン社長の特徴(性格)については・・・

  • 他人の意見を聞こうとしない。
  • 言っていることがコロコロ変わる。
  • 怒鳴る、脅すようなことを言う。(いつでもクビに出来る。嫌ならいつでも辞めていいぞなど。)
  • 昇格基準がはっきりしていなく、鶴の一声で昇進、降格が決まる。(昇給、昇格は気分次第。)
  • 自分が絶対。
  • 社員は俺に従え。
  • イエスマンが大好き。
  • 自画自賛する。
  • 他人を見下している。
  • 社員の手柄は社長の物、社長の失敗は社員の物。
  • 業績が良くなると、自分の手元は潤わせて社員への評価はない。
  • 無駄な買い物(高級外車)をする。
  • 気に入らない社員の悪口を、ほかの社員にする。
  • 問題が起きても、責任を取らない。
  • 社長の考えが全て正しいと思っている。
  • 気に入った社員だけ優遇する。
  • パワハラと言えるような高圧的な態度をとる。
  • 現場の実情を知らない又は知らないふりをする。
  • ノルマ達成の為には、(サービス)残業や休日出勤はやむ無しと考えている。
  • 全てを把握したがる。

等が言われています。

さらに私なりに解釈しますと、「人材は人財(宝)」ですと言ったことを、対外的によく口にもします。

これはある意味そのとおりで、社員を安い賃金で働かせ、儲かった利益は自分の懐に入ってくるという、仕組み(会社)なのですから。

社長にしてみたら社員は、使い勝手のよい駒としか考えてないと思います。

ですからそんな社長と、対等の立場で付き合えるはずがないので、結果的には自分自身の感情を持たない、イエスマン(社蓄)になるしかないということです。(使用人と奴隷の関係)

スポンサーリンク

【勤続20年】ワンマン社長との付き合い方に苦悩し、退職に追い込まれた元同僚

私が以前勤めていたブラック企業には、ワンマン社長の元で今でも頑張っている同僚たちがいます。

その中には私と同じ時期に入社したAくんがいました。

もう大分前に私は退職したのですが当時、私が退職する前にAくんが先に辞表を提出していました。

理由はもちろん、ワンマン社長についていけないことでした。

しかし当時はかなり忙しい時期(徹夜勤務も当たり前の状態)で、「いつでも辞めていいぞ」が口ぐせの社長が珍しく「今辞めてもらっては困る」とAくんを引き留めました。

  • フォローするから新しく事業を立ち上げるので、そこの責任者になってくれ。
  • 手当もつけるし給料もアップさせる。
  • 部下も多数配置する。

といった好条件を提示したそうです。

Aくんの辞令を聞いた私はすぐに退職したので、その後Aくんがどうなったのかわかりませんでしたが、あの社長が引き留めたほどの人物だったのできっと出世しているとばっかり思っていました。

ですが最近、ブラック企業に勤めている同僚とばったり会い近況を聞いてビックリ・・・!?
あのAくんが退職してしまったということでした。

  • 新しく事業を立ち上げたはいいが、Aくんの責任者に良しとしない幹部達が嫌がらせをおこなっていた。
  • 事業立ちあげてもなかなか収益が上がらない事に社長の我慢が限界に達して毎日激しく叱咤された。
  • 部下も多数配置すると言っていたが、何年も2人しか置かなかった。
  • フォローするといっておきながらなんのフォローもなし。

などといった事が重なり、Aくんも精神的に追い詰められていったということでした。

そしてやめればいいものの退職する際、律儀に社長にお世話になりましたの挨拶をしに行ったそうなのですが、「何しに来た!裏切り者が!」「お前は俺を裏切ったのだからな!!」と門前払いをくらってしまったということでした。

ちなみに”辞めると言われると態度急変する。”というのもワンマン社長の特徴です。

Aくんは私よりも長く、ブラック企業で約20年耐え忍んできました。

それがこんな状況になっているなんて・・・虚しく思います。

スポンサーリンク

ワンマン社長に仕返しを(懲らしめる)考えるのは時間のムダ!今すぐ転職を考えるべき

こういう社長に対して”仕返しをしたい”&”懲らしめたい”と思う気持ちもわかります。

以前勤めていたブラック企業でも、何人か社長に対して、仕返ししたいと労働基準監督署に訴えたり、裁判をおこそうとしましたが、金の力で抑えられました。

このような状況をみると私は、貴重な時間を無駄にするだけだなと感じています。

“逃げるが勝ち”といったことわざもあるように、そんな社長に対しては、出来るだけ早く見切りをつけて転職することが無難かと思います。

私も十数年ワンマン社長の元で、我慢をしてきましたが、もっと早くに転職しとけばよかったと今更ながら思っています。

ちなみに「転職=失敗」というイメージがどうしてもあると思います。

それはただ闇雲に転職するからで、ある意味、転職も自分の人生を賭けて臨むものだと思います。

それには情報収集も必要ですし、なにより自分自身を知る必要があります。

自分の強み(特徴)を知った上で転職活動に臨むと「転職=成功」のイメージにきっと変わると思います。

ただ自分の強み(特徴)が何か?客観的に把握しづらいものです。

  • 自分の強み(特徴)に興味があるがうまく語れない
  • 日頃の仕事の中で自信が持てない

といった方・自分の強みが知りたい方には、以下のサイトのグッドポイント診断がオススメです。

会員登録して診断に答えるだけで自分の強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できます。

無料&所要時間約30分で、自分でも気づかないような意外な強みが見つかることも・・・是非活用してみてください。

今すぐこちらをクリック↓↓↓

グッドポイント

▼参照記事はこちら▼

【会社を辞めたい人必見】グッドポイント診断を活用してブラック企業を卒業した私の事例!

スポンサーリンク

転職して活気を取り戻した元同僚

社長はじめ、幹部達から売上未達成に対して毎日の厳しい追求に、耐えられなくなった退職前のAくんは、やせ細り、虚ろな表情だったといいます。

しかし転職後のAくんは、いきいきした表情で仕事に取り組んでいるということでした。

ワンマン社長との付き合い方に、少しでも違和感があるなら、今すぐ転職もアリ

私の場合やAくんみたいに、ワンマン社長の元で我慢しても、結局は辞めてしまう確率はかなり高いと思います。

さらにいいますと、ワンマン社長の元には必ず右腕的な存在や、左腕的な存在の上司(幹部)がおり、そいつらの存在も非常に厄介になっていると思います。

そんな人達のために、貴重な時間(人生)をつかうよりは、自分自身のステップアップの為に転職も考えるべきだと思います。

スポンサーリンク

▽転職を本気で考えているあなたが今すぐ読むべき記事はコチラ▼

面倒な手続き一切不要で会社を退職出来る革新的サービス↓↓

退職代行サービスランキング!口コミ・評判まとめ

自分に合った転職サイトを見つけたいあなたはこちら↓↓

【ランキング】おすすめ転職サイトを徹底比較!口コミ評判からあなたにピッタリのサイトを見つけよう!

自分の【強み】を知りたいあなたはこちら↓↓

【無料】グッドポイント診断で自分の強みが丸わかり!ブラック企業を卒業した私の事例!

スポンサーリンク

コメント