職場の同僚 パワハラ事例!私がおこなった対処法を紹介

パワハラ

仕事をする上で、職場の人間関係に悩まされることは多々あります。

中でも、同僚からのパワハラは非常に厄介で、パワハラされてる人にとっては、生きた心地がしないと思います。

私も以前、同僚からのパワハラで苦悩し、一気に白髪が増えました。

やはり我慢だけではどうする事もできないので、冷静に対処することが大事だと思います。

今回、私の事例を紹介しますので、参考にしてもらえたらと思います。

ちなみに転職を本気で考えている人は以下のサイトがオススメ!

実際に転職した人の約8割が利用しています。

圧倒的な求人数で、地域・職種・年齢・問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。

今すぐこちらをクリック↓↓↓

リクナビNEXT ネクス子

職場の同僚 パワハラ事例|2つを紹介

事例1

以前勤めていた職場に、同僚のAがいました。

それまでの職場では係長までやっていたのですが、降格・追い出される形(配置転換)で私の職場に移動してきました。

立場的には私の同僚になるのですが、移動してきた早々「お前なんかより俺の方が偉い」と上から目線の発言と態度にビックリしました。

そしてAの作業態度はといいますと

「あれはやりたくない」

「これはできない」

「なんでこんなことをしないといけないのか?」

と文句ばかりで、職場の雰囲気と私の気持ちは最悪な状態となっていきました。

さらに、自分が失敗すると

「お前の教え方が悪いからだろ」

「お前は頼りない」

と自分の否を認めないで、全て私が悪いと責任転嫁してくるなど、毎日私を苦しめてきました。

スポンサーリンク

事例2

配送の会社に勤めていたときです。

同僚B(60代)がいました。

私よりもかなり年上のBは「俺は人生の先輩だから言うこと聞けよ」(要は俺の奴隷になれということ。)が口ぐせでした。

ただBとは係が違い、仕事内容も違っていたのですが…Bの係が忙しい時間帯になるといきなり私の職場に来て

「おいコラ!なんでお前は俺の手伝いをしないのか」

「今すぐ手伝え!」

と、上司でもないのに言いがかりをつけてきて、私が「自分にも仕事があり、係も違うので…」というと「貴様なめんとんのか」と胸ぐらを捕むといった高圧的な態度をとってきました。

ちなみに私の仕事が忙しい時には、Bは手伝うどころかさっさと帰宅しているという…。

こんな同僚の理不尽な対応に毎日大変苦慮していました。

スポンサーリンク

パワハラで退職に追い込まれた同僚も

事例1のAは私の他にもターゲット(同僚C)がいたようです。

その同僚Cは大人しく、あまり人とは会話をしない人でした。

そんなCに対してAは、自分の作業を全て押し付けていたそうです。

しかもAは上司でもないのに、それが当たり前のような態度で、朝礼終了後にCを呼び出し、「全て今日中に終わらせろよ」と仕事を押し付け、自分はパソコンの前から離れなかったそうです。

そして終わらなかったら「お前はバカか!なんで終わらせないんだよ」「終わらせろよバカ」と罵声を浴びせていました。

そんなパワハラが毎日続き当然、Cにしてみたら「なんで?」という思いもあったと思います。

結果的にCは退職に追い込まれてしまいました。

スポンサーリンク

【必見】私が行った同僚のパワハラ対処法を紹介

同僚Cは我慢に耐えきれず辞めていったといいます。

やはり我慢が一番よくないということです。

ただ私の場合、両方とも職場の上司(係長)に訴えても見て見ぬ振りをしていました。

なので職場とは少し距離のある総務の人事担当者に相談。

すると総務課の課長や部長も相談にのってもらうことができ、さらには私の所属していた部長も対応してきました。

すぐに同僚AもBも職場移動となり、私の職場から離れていきました。

ですからまずは、総務または人事担当者に相談することをオススメします。

また当時はまだ、パワハラがあまり認識されていない頃なので、今ならパワハラは大きな社会問題となっているので、十分対処してもらえると思います。

勇気をもって相談しましょう。

それと同時に転職サイトに登録しておくのも無難かと思います。

私の場合は幸いにも、ある程度相談にのってもらえました。

しかし現在もパワハラが横行している会社は多々あり、対処してもらえないところもあると思います。

その場合”逃げるが勝ち”という言葉もあるように、転職も一つの対処になりますし、ステップアップにもつながると思います。

ちなみに「転職=失敗」というイメージがどうしてもあると思います。

それはただ闇雲に転職するからで、ある意味、転職も自分の人生を賭けて臨むものだと思います。

それには情報収集も必要ですし、なにより自分自身を知る必要があります。

自分の強み(特徴)を知った上で転職活動に臨むと「転職=成功」のイメージにきっと変わると思います。

ただ自分の強み(特徴)が何か?客観的に把握しづらいものです。

  • 自分の強み(特徴)に興味があるがうまく語れない
  • 日頃の仕事の中で自信が持てない

といった方・自分の強みが知りたい方には、以下のサイトのグッドポイント診断がオススメです。

会員登録して診断に答えるだけで自分の強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できます。

無料&所要時間約30分で、自分でも気づかないような意外な強みが見つかることも・・・是非活用してみてください。

今すぐこちらをクリック↓↓↓

グッドポイント

▼参照記事はこちら▼

【会社を辞めたい人必見】グッドポイント診断を活用してブラック企業を卒業した私の事例!

スポンサーリンク

転職してパワハラから開放!心身ともにスッキリしたので良かった

どういう経緯かわかりませんが数年後、同僚Aが私の職場に戻ってきました。

こういうタイプはいつまでも根に持つタイプです。

私がパワハラで相談たことが余程気に入らなかったのが、さらに高圧的な態度をとってきました。

この時点で私の我慢が限界となってしまい退職を決意。

幸いにも転職サイトに登録してすぐに次の転職先がみつかりました。

パワハラで悩まされることが無くなったうえ、さらに収入&休日も今までよりも増えたので、結果的に転職して非常に良かったと思っています。

ちなみに退職に追い込まれた同僚Cは現在、地元で有名な飲食店の料理長になっています。

同僚からパワハラされていると少しでも感じたら、転職も視野に考えるべき

パワハラされると非常につらいものがありますが、なかなか転職するにも勇気が必要だと思います。

しかし、精神的な苦痛を味わい続けるよりは、次のステップアップ(転職)の事を考える方が、何よりも自分にとってプラスになると思います。

転職する、しないに関係なく有益な情報をゲットしてみてはいかがでしょうか。

今すぐこちらをクリック↓↓↓

リクナビNEXT ネクス子

▽転職を本気で考えているあなたが今すぐ読むべき記事はコチラ▼

面倒な手続き一切不要で会社を退職出来る革新的サービス↓↓

退職代行サービスEXITの口コミ・評判!手続き一切ナシで会社をおさらば

自分に合った転職サイトを見つけたいあなたはこちら↓↓

【年代別】おすすめ転職サイトを徹底比較!口コミ評判からあなたにピッタリのサイトを見つけよう!

自分の【強み】を知りたいあなたはこちら↓↓

【無料】グッドポイント診断で自分の強みが丸わかり!ブラック企業を卒業した私の事例!

スポンサーリンク

コメント