会社の昼休み 外出禁止は違法?一般的にどうなの?

会社

仕事だからと嫌な思いをしながらも、とりあえず昼休みまで頑張ろうと思っている人も多いと思います。

しかしせっかくの昼休み、外出禁止というオチがついて、テンション下がったなんて人もいるでしょう。

私もテンションが下がった一人で、さらに昼休みも仕事をさせられムカついた日々を送っていました。

今回、昼休みの扱いについてよくわかっていない人のために、私なりの解釈で紹介しています。

ちなみに転職を本気で考えている人は以下のサイトがオススメ!

実際に転職した人の約8割が利用しています。

圧倒的な求人数で、地域・職種・年齢・問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。

今すぐこちらをクリック↓↓↓

リクナビNEXT ネクス子

会社の昼休み 外出禁止は違法?一般的にどうなの?

外出禁止は違法で一般的ではありません。

普通は外出自由です。

会社側の考え方は、昼休み外出中、万一交通事故にあった場合、労災保険による業務災害としてはもとより、通勤災害としても補償が受けられません。

交通事故などの回避が目的という意見もあるといいます。

しかし休憩時間の自由利用の原則から、外出を全く禁止することはできないということです。

労働基準法第34条第3項では、「使用者は、第1項の休憩時間を自由に利用させなければならない。」としていることから、社員は休憩時間を自由に利用できることが原則となるとあります。

なお、就業規則に外出禁止と書いてあっても、労働基準法に違反する部分は無効ということです。

もちろん自由とはいっても、アルコールを飲んだり、職場秩序を乱したり、休憩後の勤務に支障が生じるような一定の行為を禁止することは認められています。

例外としての許可制(届け出)は違法ではないとされています。

  • 「休憩時間の利用について、事業場の規律保持上必要な制限を加えることは、休憩の目的を害さない限り差し支えない。」
  • 許可制は「事業場内において自由に休息し得る場合には必ずしも違法にはならない」
  • 実務上は、外出を不許可とすることは難しいため、許可制でなく届出制にとどめることが望ましい

このようなルールがあるので、もし従業員が届けを出さずに外出したら、懲戒処分を受ける可能性もあるという事です。

スポンサーリンク

労働時間によって決まる休憩時間

労働基準法では、労働時間が6時間を超える場合は45分以上、労働時間が8時間を超える場合は60分以上の休憩時間を労働者に与える事が義務付けられているのです。

また労働基準法において休憩時間を自由に過ごす事が認められているのは、休憩時間は会社の管理下に置かれない時間であること、つまり労働時間でないことを表しています。

このため休憩時間は労働時間にカウントされず、給料が支払われなくても労働基準法違反とはなりません。

外出禁止にあっている人の声・・・

  • 「銀行とかの昼休みに外出禁止は頭おかしい。」
  • 「昼休みに外出禁止と近くに郵便局無い会社は有給を使うしかないね。」
  • 「勤めた食品工場。低賃金キツイ仕事は言うまでもなく、休憩時間は外出禁止。お米研ぎから配膳、社員の皿洗いまで昼休みにさせられた。」
  • 「電話対応は新人の仕事とか言うて昼休みも外出禁止の会社あったり、新人が全員業務で席を外して外線取れなかっただけで大声で嫌味言う先輩もおる。」
  • 「電話出なきゃいけないからお昼休みなんてない。でお昼なので時給引かれてる。本当損してます。」
  • 「大きな病院とかはそういうのが多いですね。救急の時にスタッフがそばにいられるようにでしょう。だから病院内にカフェがあるのです。 」
  • 「銀行とかは外食.外出禁止ですよ。銀行の制服でウロウロするのは、信用を損ねるからという理由のようですが。」
  • 「私も外食禁止なんて経験ないけど、会社によって解釈が違うみたいよ。」

等、多くの不満を抱えた声がきこえます。

スポンサーリンク

私も以前ある会社で販売業務をしていました。

入ったばかりで右も左もわからないまま、毎日いっぱいいっぱいで息つく暇もない状態で、唯一昼休みで息抜きできると思っていました。

しかし上司からは「昼休みもお客さんがくるから」と外出禁止で、受付と電話対応をしとけといわれました。

まず何も教えてもらえない状態で、どうやって対応すればいいのかと、さらにパニックになりました。

案の定、客からは「何やってんだ!」「早くしろよ」と怒鳴られることに・・・

他の人は、小部屋に隠れて昼食をとっていて、私がわからないのでなんとかしてくださいといっても、「そんなことは自分で考えろ」と取り合ってくれませんでした。

非常に精神的に苦しい思いをしましたし、なんといってもタダ働きですから、腸が煮えくり返る気持ちでした。

また一応18時で閉店となっていましたが、客がきたら対応しないといけないので、19時すぎて閉店でその後に1日の売上計算でした。

もちろんその時間もタダ働きでしたので、本当に頭にきていました。

スポンサーリンク

まとめ

外出禁止は違法で一般的ではありませんが、例外としての違法ではない許可制(届け出)があります。

許可制は、多くの会社が採用している制度です。

もし会社の昼休みが外出禁止となっているのであれば、許可制を会社と交渉してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、休憩時間の電話対応などは業務なので賃金が発生します。

会社が見過ししないように注意しましょう。

おそらく休憩時間に仕事を行う会社はブラック企業よりだと思いますけど・・・。

今では昼休みの外出禁止以外にも携帯電話使用禁止という、とんでもない事を実行している会社も多いといいます。

その場合は、転職サイトに登録してみてはいかがでしょうか。

今後さらに縛りが厳しくなる恐れもあり、退職も視野に入れたほうが無難かと思います。

今すぐこちらをクリック↓↓↓

リクナビNEXT ネクス子

▽転職を本気で考えているあなたが今すぐ読むべき記事はコチラ▼

面倒な手続き一切不要で会社を退職出来る革新的サービス↓↓

退職代行サービスEXITの口コミ・評判!手続き一切ナシで会社をおさらば

自分に合った転職サイトを見つけたいあなたはこちら↓↓

【年代別】おすすめ転職サイトを徹底比較!口コミ評判からあなたにピッタリのサイトを見つけよう!

自分の【強み】を知りたいあなたはこちら↓↓

【無料】グッドポイント診断で自分の強みが丸わかり!ブラック企業を卒業した私の事例!

スポンサーリンク

コメント