“朝早く来い”はパワハラ?サービス早出(1時間)が当たり前なら今すぐ転職を考えるべき

パワハラ

「朝は早く出勤しろ」この言葉に違和感を覚える人は多いと思います。

私も若い頃、「出勤時間に間にあっているのに、なんでこんなことをいわれないといけないのか?」と腹が立つ事が多々ありました。

5分、10分前ならまだしも、30分や1時間前に来ないといけない事に、パワハラではないかと疑問に感じている人もいるかと思います。

今回、サービス早出強要がパワハラなのか、私なりの解釈でまとめましたので、参考にしてもらえたらと思います。

“朝早く来い”はパワハラ?サービス早出(1時間)がもたらす大きな損失とは

ちなみにパワハラとは職場において、職務上の地位や影響力に基づき、相手の人格や尊厳を侵害する言動を行うことにより、その人や周囲の人に身体的・精神的な苦痛を与え、その就業環境を悪化させることと定義されています。

“朝早く来い”はパワハラ?

そして問題の「朝早く来い」は、状況にもよりますがパワハラの可能性が高いです。

また、早朝出勤命令を利用したパワハラには、次のようなものがあります。

「問題社員」というレッテルを貼った社員にのみ、早朝出勤を命じる。
業務上まったく意味がないのに、早朝出勤を命じる。
早朝出勤の時刻に遅れた社員に対して暴言を吐き、罵倒する。
早朝出勤の時刻に遅れた社員の名前を会社に貼り出す。
早朝出勤の時刻に遅れた社員の評価を大きく下げる。

5分・10分前行動はマナーで、早朝の社内清掃、鍵開け、朝礼の準備などの雑用は仕方ないとしても、、30分や1時間となると。。。「会社の指揮命令下」にある限り、労働時間であり、残業代が発生します。

“無償奉仕”を強要されることはありません。

時間外労働というと、終業時間後も居残って仕事をすることだけを意味するように感じますが、早朝に早く来て仕事をすることもまた、時間外労働すなわち残業となります。

会社では、始業時刻が決められていると思いますが、始業時刻よりも前に会社に来て仕事をすることは、残業にあたります。

したがって、早朝残業をした場合には、早朝残業をした時間に応じて、通常の賃金の1.25倍の、残業代を請求することができます。

サービス早出(1時間)がもたらす大きな損失とは

単純に貰うべきサービス早出(1時間)を計算しますと(令和元年度地域別最低賃金で一番低い時給790円で計算)

1日で790円✕1.25倍=987.5円を損失していることになります。

1ヶ月では20日出勤として987.5✕20日=19,750円

1年間では19,750✕12ヶ月=237,000円の損失となります。

さらには、違法なサービス早出(パワハラ行為)により、うつ病や適応障害など心的外傷を患う可能性も高くなるので、大大大損失ということです。

スポンサーリンク

サービス早出(1時間)が当たり前の会社で疲弊したことも

私がある会社に配送係として契約社員で入社した時です。

入社前、配送ルートがかなり広範囲で、覚えるのに3ヶ月はかかると言われていました。

しかし入社してみると、人手不足ということもあり、販売・営業の方も手伝ってくれと、上司Aに言われました。

そして始業時間が8時30分からだったのですが「7時30分には会社に来い」と命令してきました。
私は「サービスですか?」というと「当たり前だろ、社会人として常識だろ」とわけの分からい事を言ってきました。

入社した当日すぐ、外部からクレームの電話がかかってきて、全くわからない私が受話器をとらされました。

対応に苦慮した私は、Aに変わってほしいと願い出ると「今、忙しいからお前でなんとかしろ」と考えていなかった応えが帰ってきてビックリ。

ただひたすら誤り続けた私は、入社初日でグロッキー状態でした。

さらに、配送ルートをAから教えてもらう予定でしたが、突然Aから「B(先輩)に教えてもらって」といい、丸投げされた形のBも困惑し、最終的には「俺は知らない」と、まさかの放置状態。

その後もとにかく「朝早く来い」「昼休みも電話対応しろ」と、もうパワハラ全開の職場に私のストレスは急上昇しました。

そんなAの職場の態度は・・・

  • 人手不足にも関わらず、部下をよそに、休む(計画有給など)ことしか考えていない。
  • まだまだ仕事内容がわからない私が相談しても「B(先輩)に教えてもらって」と全く聞く耳をもたない。
  • それで失敗すると「なんでこんなことしたのか?」「誰がこんなことしていいと言ったのか?」と怒鳴りつける。

等、理不尽な思いばかりさせられました。

極めつけは、「ちゃんと教えるから」と私に、ルート営業(初めて)をやってくれと指示しておきながら当日、「有給だから」と地図だけ渡され、1人で雨に打たれながら、ルート営業をさせられた時には、さすがに心身共に疲弊しきってしまいました。

スポンサーリンク

サービス早出は違法!今すぐ転職を考えるべき

こういうサービス早出をしないといけない環境の会社は当然、定時後のサービス残業や、サービスでの休日出勤も強要あるいは黙認していると思います。

それか絶対無理な振替出勤や、振替休日にしろと言うだけだと思います。

コンプライアンスなんかあって無いようなものです。

そしてこれが重要で”給料が極めて安い”ということです。

私の経験では、給料が安い会社ほどサービス早出(1時間)で、意味のない掃除や朝の準備といった雑用を強要していました。

おそらくこの”朝早く来い”に矛盾を感じている人は、私の考えと同じだと思います。

給料に反映されないのであれば、今すぐ転職を考えるべきです。

ですが、今すぐ退職してではなく、まずは、転職する、しないに関係なく転職サイトに登録して自分の価値を調べるだけでも、ステップアップにつながると思います。

試してみてはいかがでしょうか。

しかしどうしてまだまだ「転職=失敗」というイメージがあるかと思います。

それはただ闇雲に転職するからで、ある意味、転職も自分の人生を賭けて臨むものだと思います。

それには情報収集も必要ですし、なにより自分自身を知る必要があります。

自分の強み(特徴)を知った上で転職活動に臨むと「転職=成功」のイメージにきっと変わると思います。

ただ自分の強み(特徴)が何か?客観的に把握しづらいものです。

  • 自分の強み(特徴)に興味があるがうまく語れない
  • 日頃の仕事の中で自信が持てない

といった方・自分の強みが知りたい方には、以下のサイトのグッドポイント診断がオススメです。

会員登録して診断に答えるだけで自分の強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できます。

無料&所要時間約30分で、自分でも気づかないような意外な強みが見つかることも・・・是非活用してみてください。

今すぐこちらをクリック↓↓↓

グッドポイント

▼参照記事はこちら▼

【会社を辞めたい人必見】グッドポイント診断を活用してブラック企業を卒業した私の事例!

スポンサーリンク

サービス早出とはサヨナラ…転職して収入もアップ!本当に良かった

サービス早出に疲弊した私は入社3ヶ月後には、メンタルヘルスに通うようになっていました。

薬を飲みながらなんとか契約期間の1年間は全うしましたが、もう限界でした。

ただ生活もあるので、休むわけにもいかず藁を掴む思いで転職サイトに登録しました。

すると登録して1ヶ月ちょいで転職することができ、ホット一安心です。

転職先ではサービス早出を強要することもなく、収入も倍近く増えました。

さらにあれだけ夜も眠れず薬に頼っていたに、転職した当日からぐっすり眠れるようになり、メンタルヘルスともサヨナラできました。

私にとっては、転職したことで全ての面で好転したので、本当に良かったと思いました。

“朝早く来い”にパワハラと感じているなら、今すぐ転職を考えるべき

人それぞれに度合いは違いますが、”朝早く来い”にストレスを感じている人にとってはこんな嫌なことはないと思います。

しかも給料に反映されないとなれば尚更です。

ですから今、自分のステップアップと捉え、転職を考えるべきだと私は思います。

スポンサーリンク



転職を本気で考えているあなたが今すぐ読むべき記事はコチラ

面倒な手続き一切不要で会社を退職出来る革新的サービス↓↓

退職代行サービスおすすめNo.1!料金や口コミ・流れや内容を徹底解説

自分に合った転職サイトを見つけたいあなたはこちら↓↓

無料診断あり:ブラック企業出身者の私がおすすめする転職サイト3社

自分の【強み】を知りたいあなたはこちら↓↓

【無料】グッドポイント診断で自分の強みが丸わかり!ブラック企業を卒業した私の事例!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました