人としておかしい上司の特徴とは?おかしいと思ったときの対処法3つ!

上司

仕事をする上で上司に対して、何らかの問題(不満)を抱えている人はいます。

特に上司の人間性を疑ってしまう事が多々あり、仕事へのモチベーションに影響してる事もあると思います。

私も”人としてどうしようもない”上司の下で苦悩しました。

その中でやはり「おかしい事はおかしい」と思って行動する事が必要だと感じています。

今回私なりの解釈で、人としておかしいと思った時の対処法を紹介しますので、参考にしてもらえたらと思います。

人としておかしい上司の特徴とは?

  • 自分の管理能力のなさを部下のせいにする
  • 自己中心的
  • 意見がころころ変わる
  • ネチネチとしつこく嫌みを言う
  • 弱いものに強く、強いものには弱く
  • 機嫌が悪い時は部下に当たり散らす(気分屋)
  • 人が傷つく言葉を平気で使う
  • マナーをきちんとまもらない
  • 部下の相談には応じない

といった声がきかれます。

性根の部分は”自分さえよければ…””自分だけ守られれば…”という自分私情主義を持っており、部下なんてどうでもいいという考えです。

そうやって長い間会社生活の中で、自分より位が上の人には、ヨイショが上手く、懐に入り込む技術をつけ今の地位を築いてきています。

ですから人として問題があっても、なかなか他の部署の上司や幹部が気づかないという事は多々あります。

まぁ~見て見ぬふりなのかわかりませんが、会社側が注意しないと、さらに上司は調子にのり、いつまでたっても部下が苦しみ犠牲になっていく状況だと思います。

スポンサーリンク

人としておかしい上司に苦悩したことも

横領上司

私は二十歳頃、ある会社にエンジニアで入社しました。

研修を終えほとんどの同期は配属先が本社だったのですが、私だけは本社から大分離れた支社に配属されました。職場は本社にある研究部門の分室という感じで、そこのトップに課長Aが君臨していました。

配属された当日、初めてAと会って開口一番…

  • 「ここでは俺が一番偉いから社長だと思え」
  • 「俺の言う事は絶対だから従え」
  • 「口ごたえは許さない」

など、高圧的な態度をとってきたので驚きました。

とはいえ、ほとんど業務を係長に任せ、Aはどこかに外出し、そのまま帰宅ということが日常的に行われていて、私はその事を疑問視していました。

ただ職場にいるときもあり、その時はめちゃくちゃ機嫌が悪く、部下を怒鳴り散らし、私も言われようもない罵声を浴びせられ、苦悩する事が多々ありました。

そんなある日、職場の先輩が怒りをあらわにしてAの勤務表を見せてきました。

私達には残業はするなと、暗にサービス残業を強要していたのに、自分は会社に出社すらしていないにも関わらず、早出残業から深夜残業までのMAX時間で、しかも毎日やってますと会社に申請していました。

さすがに私も「人としておかしい」という気持ちが沸き上がり、係長に相談しましたが、「だから何?余計な事を言うな」と一蹴されました。

ならばとAに対して自分なり調べてみますと、なんと1日10万円以下までなら、Aの判子一つで経費としておとせるという特権を与えらており、見たこともない商品の購入伝票が、毎日の日付で記載され、金額が99,999円で計上されているのを見ると、「人としておかしい」というより「人として終わっている」と愕然としたことを昨日のように思い出します。

後でわかったことなのですが、Aはある業者と結託して、会社の経費で購入した商品を転売して自分の懐にお金を貯めていたそうです。

会社の被害額は数千万ということでしたが、私の調べでは長い期間(10年以上)横領行為をやっていたので、絶対に憶は横領していたと今でも思っています。

まぁ、会社側が余りに闇が深いので、あるところまでしか調べてないのかもしれませんが…。

スポンサーリンク

おかしいと思ったときの対処法3つ!

  1. 記録する。
  2. 総務課に相談。
  3. 転職サイトに登録。

記録する

まずは”メモ書き”や”音声”または”動画”など何でもいいので記録しておきましょう。

私はAの伝票関係を全てコピーして職場の人達と協力して、Aが「いつ出勤してきて、いつ外出したのか?」または「何時に帰ったのか?」のか1ヶ月記録しました。

これらを記録しておくと何らかの証拠として立証できるので、何でもいいので記録しておきましょう。

総務課に相談

そして総務課に相談です。

私の「おかしい」という思いだけで総務課に相談した記憶があります。

当時はコンプライアンスという概念があまりない時代で内部告発を悪とした風潮がありましたが、熱心に話を聞いてもらえ迅速な対応しました。

当然といったら当然なのですが・・・。

今の時代は昔と違ってコンプライアンスや内部告発も広く認識されている時代ですので、会社側も何らかの対応をしてもらえると思います。

我慢しても自分が苦しむだけ、記録と共に是非相談しましょう。

転職サイトに登録

・・・と言っても対応してもらえない可能性や嫌がらせといった可能性も否定できません。

総務課に相談した後、Aは懲戒解雇となりましたが、他の職場の上司達から・・

  • 「余計な事をしてくれたな!」
  • 「お前は何様のつもりだ」
  • 「お前もAからお金もらっていたのではないのか?」

といった嫌味や嫌がらせを受け、私は退職に追い込まれてしまいました。

ですから最悪(退職)のケースを考えて転職サイトに登録しておくことが無難かと思います。

ただ「転職=失敗」というイメージがどうしてもあると思います。

それはただ闇雲に転職するからで、ある意味、転職も自分の人生を賭けて臨むものだと思います。

それには情報収集も必要ですし、なにより自分自身を知る必要があります。

自分の強み(特徴)を知った上で転職活動に臨むと「転職=成功」のイメージにきっと変わると思います。

ただ自分の強み(特徴)が何か?客観的に把握しづらいものです。

  • 自分の強み(特徴)に興味があるがうまく語れない
  • 日頃の仕事の中で自信が持てない

といった方・自分の強みが知りたい方には、以下のサイトのグッドポイント診断がオススメです。

会員登録して診断に答えるだけで自分の強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できます。

無料&所要時間約30分で、自分でも気づかないような意外な強みが見つかることも・・・是非活用してみてください。

今すぐこちらをクリック↓↓↓

グッドポイント

▼参照記事はこちら▼

【会社を辞めたい人必見】グッドポイント診断を活用してブラック企業を卒業した私の事例!

スポンサーリンク

転職しておかしな人間にならなくって良かった

あのままAの行動を我慢して見て見ぬふりをしていたら、自分もAのように横領に手を染めていたかもしれません。

退職に追い込まれたとはいえ、転職して真っ当な人生を歩んでいるので、結果的には良かったと思っています。

上司に対して”人としてどうなの?”と少しでも感じたら、転職も視野に入れるべき

いくら上司といえ、人間的に問題があると後々、莫大なストレスを抱える可能性が高いです。

逃げるが勝ちということわざがあるように、そうならない為にも今から転職を考えておくべきだと思います。

スポンサーリンク

▽転職を本気で考えているあなたが今すぐ読むべき記事はコチラ▼

面倒な手続き一切不要で会社を退職出来る革新的サービス↓↓

退職代行サービスランキング!口コミ・評判まとめ

自分に合った転職サイトを見つけたいあなたはこちら↓↓

【ランキング】おすすめ転職サイトを徹底比較!口コミ評判からあなたにピッタリのサイトを見つけよう!

自分の【強み】を知りたいあなたはこちら↓↓

【無料】グッドポイント診断で自分の強みが丸わかり!ブラック企業を卒業した私の事例!

スポンサーリンク

コメント