“上司が無能すぎる”どうする?3つの対策法を紹介

上司

仕事をする上で、上司との関係は大切です。

できる上司だと仕事のクオリティーも上がり、自分の成長につなりますが、逆に上司が無能すぎると・・・こんな悲劇なことはありません。

弊害にしかならない上司に対してモチベーションを保つのに苦悩している人も多々いるかと思います。

私も上司が無能すぎて、本当に苦悩させられてきました。

その中で先を読む事も必要だと考えされました。

今回私なりの解釈で、無能上司に対する対策法をまとめましたので、参考にしてもらえたらと思います。

“上司が無能”どうする?我慢するだけイライラが止まらない

無能な上司の特徴は・・・

  • 口だけで仕事を丸投げする。
  • 判断力、決断力がない。
  • 指示を具体的行えない。
  • 部下の質問にまともに答えられない。
  • パワハラを放置する。
  • 色んなことが行き当たりばったり。
  • 仕事を増やす。
  • 鈍感力が高い。
  • コミュニュケーション能力が低い。
  • 指示がコロコロ変わる。

などがあると思います。

こんな上司の元では、まともな仕事ができるとは到底思えません。

そしてこういった上司は、自分のことしか考えていないので、部下との信頼関係はありません。

部下のことを自分の手先、または奴隷ぐらいしか思ってないので、平気で仕事を丸投げ(尻拭い)したりするわけです。

出来なかったら部下を、一方的に大きな声で怒鳴りつけ、いかにも部下が悪いという印象を与えようとします。

また部下が頑張って丸投げ(尻拭い)された仕事を終われせても「命令だから、やって当たり前」と感謝の気持ちもありません。

部下に丸投げした仕事が終わると、自分より上の上司に「がんばりましたよ」と自分の手柄としてアピール。

こんな無能すぎる上司に部下からしたらイライラしかたまらないと思います。

スポンサーリンク

上司が無能すぎて疲弊したことも

私がブラック企業にいたときです。

社長のお気に入りの課長Aがいました。

社長曰く「こいつは何でもできる。プロ中のプロ」と私達の前で話していました。

しかしこのAが作業をしているところを見たことがなく、さらに部下と全くコミュニュケーションをとろうとしないので、当時からAに対して「????」でした。

そしてある時、Aが私の職場にある装置を使わせろとやってきて作業したのですが、新人でも遅くて30分で終わりそうな作業を2時間かけても終わらず結局、私に「やってくれ」と言ってきた時には「どこがプロ中のプロなんだ」と思ってしまいました。

また入社して年数を重ねていくと、会社全体のことが見えて来ます。

Aは客先の注文窓口も担当しており、通常なら注文受けた時点で工程に流せば作業的に上手くいくのにAはなぜか、ある期間までも溜めてまとめて工程に流すので、その溜めたロスが響いて納期的に間に合わなくなり、後工程が徹夜勤務になるという事がわかった時には、さすがに怒りがこみ上げてきました。

そのことを係長に報告しても「あの人に言っても無駄、下の意見は一切聞かないから」と言われ、我慢するしかないということでした。

そして忙しくなるとさらにひどくなり、納期的に間に合わない製品が大量に発生。

みんな必死で頑張ってなんとか出荷に間に合わせても、Aはやって当たり前的な発言しかせず、現場は疲弊していくばかりでした。

出荷に間合わせるための徹夜もきつかったのですが、私的に最も辛かったのが、客先不良に関してでした。

納期的に間に合わない製品については前工程からの情報があるので、少しは仕事量の把握ができました。

しかし客先不良に関しては、全くの情報無しに私の係にくるので、突然の徹夜勤務には本当に疲弊しきりました。

これについてもAは、客先にはいつまでに対応すると言っておきながら、現場にはそのことを伝えておらず、忘れていたのかもしれませんが、直前で「なんとかしろ」ということだったと思います。

もう無能すぎるとしか言いようがありませんでした。

スポンサーリンク

【必見】3つの対策法を紹介

  1. 無視
  2. 相談
  3. 転職

無視

無視するのが一番だと思いますが、仕事上どうしても関わらないといけないので、だたむやみに無視することは出来ないと思います。

まずは上司の行動をチェックして特徴を把握しておきましょう。

そしてそれとなく周囲からも、上司についての情報を聞いて置くことも大事だと思います。

私は前工程からそのつど、受注の状況を確認しておくことで、気持ちのダメージを最小限に抑えるようにしていました。

また、係長からAが今何をしているのかそれとなく確認して、機嫌が悪かった場合のシュミレーションをして、出来るだけ心の準備をしていました。

そうすることで全く会話なしの状態を、2年ぐらい出来ていたと思います。

スポンサーリンク

相談

総務(または人事担当)に相談することも大事だと思います。

Aのあまりに納期を無視した無能ぶりに、なんとかしてほしいと相談しました。

結果的には上手くいかなかったのですが、相談する中で、職場の何人かは、Aに対する不満で職場移動になるということがわかりました。

ですから職場移動も含めた、総務なり人事担当に相談するのも、対策の1つだと思います。

私的には、職場のあの人やあの人も、Aに対する不満が相当あったのだなと、わかっただけでも総務に相談したメリットはあったと当時は思っていました。

転職

それでも上手くいかなければ転職です。

私も最終的には転職しました。

社長のお気に入りの為か、私が入社して10年ほどするとAは部長に昇進しました。

しかし無能すぎるのか、忙しい時に限って、課長や係長の無謀ともいえる配置転換を実施し現場を混乱させました。

この行為に耐えられずベテラン社員が辞めていくことになり、そのしわ寄せは残った社員が背負わせることに。

結果的に私は7人分の仕事を請け負うことになり、体力的にも精神的にも追い込まれました。

その結果、オーバーヒートで倒れ、救急搬送されるまでになり退職に追い込まれました。

将来的なことを考えているなら転職が一番無難だと思います。

よろしかったら下に転職サイトをまとめてあるので、参考にしてもらえたらと思います。

スポンサーリンク

無能すぎる上司とはサヨナラ…転職して良かった事とは

体力的にも精神的にも追い込まれ、人間不信に陥りかけていた私ですが、転職して理解のある上司と出会い、自分自身を取り戻すことができました。

もちろん収入的にもそうなのですが、極度な精神的状態から開放されたのが、何よりもよかったと思っています。

“上司が無能すぎてどうしようもない”と感じているなら、今すぐ転職を考えるべき

一概に言えませんが、ブラック企業時代での長時間労働の原因は、Aが無能すぎるのもその一つだったと思います。

辞めて数年経ちますが、今でもベテラン社員が辞めているということを聞くと、Aの一番の被害者は部下(辞めていった人も含め)だったと思います。

ですから私みたいに長い期間、精神的に追い込まれない為にも、「上司が無能すぎてどうしようもない」と感じているなら、今すぐ転職を考えるべきだと思います。

スポンサーリンク



転職を本気で考えているあなたが今すぐ読むべき記事はコチラ

面倒な手続き一切不要で会社を退職出来る革新的サービス↓↓

退職代行サービスおすすめNo.1!料金や口コミ・流れや内容を徹底解説

自分に合った転職サイトを見つけたいあなたはこちら↓↓

無料診断あり:ブラック企業出身者の私がおすすめする転職サイト3社

自分の【強み】を知りたいあなたはこちら↓↓

【無料】グッドポイント診断で自分の強みが丸わかり!ブラック企業を卒業した私の事例!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました