会社がつらい、もう仕事できないと感じたら!安心できる3つの方法を紹介

会社

毎日、毎日、朝早くから夜遅くまで、あくせく働いて?いや、働かされている(の方が正しいですね。)、そんな忙しい環境で、職場の先輩や後輩から「頼りにしてるぞ!」、「後はよろしくお願いします。」と、本来、自分の仕事以外の事も、責任感でやっていた事が・・・。

気がついたら、いつの間にか、それすらも自分の仕事になっていて「早くしろよ!」「まだですか!!」と、自分に対しての風当たりが強くなっていた、なんて事が多々あります。

そんな、頑張ってきたにも関わらず、莫大な仕事量、ギクシャクした人間関係で、精神をすり減らしてしまった人の為に、少しでも安心できる事を紹介します。

ちなみに転職を本気で考えている人は以下のサイトがオススメ!

実際に転職した人の約8割が利用しています。

圧倒的な求人数で、地域・職種・年齢・問わずあらゆる転職者にマッチする求人を探すことができます。

今すぐこちらをクリック↓↓↓

リクナビNEXT ネクス子

安心できる3つの方法

おそらく転職をしたら良いという意見が多いと思います。

私も当然、そうだとは思います。

しかし今の現状としては、肉体的・精神的にもパニック状態だと思います。

特に精神的な事の方が、パニック状態だと思うので、まず落ち着きましょう。

落ち着くには、次の3つの事がオススメです。

紙に今、思っていることを書いてみる。

不安や苛立ちなど「気になる要素」が頭にあると、「気にしない、気にしない」と自分では言い聞かせるのに、ついまた思い出してしまいます。

そんなときに試してほしいのが「とにかく紙に書いてしまう」ことです。

私の実体験の話をしますと、週末デートの予定がありました。

デートの日まで、徹夜して頑張ってきた事が、ある同僚のミスで、デートがダメになってしまいました。

しかも私が班のリーダーだった事もあり、上司から個人的に、2時間「バカ野郎」「どうしてくれるんだ」と説教をくらいました。

納期には間に合わせないといけなので、デートどころではなく、丸3日間は会社に缶詰状態でした。

その間、上司から何百回と「お前のせいだ」と罵声を浴びせられて、怒りがMAX状態でしたが、メモ帳2冊分に「クソ」という字を書いて、なんとかやり過ごした経験があります。

それぐらい紙に書くということは、冷静になれる効果があります。

スポンサーリンク

話を聞いてもらう

話し(主にグチ)を誰かに、聞いてもらうだけでも、落ち着きを取り戻せます。

嫁さんや彼女に話すのもありますが、話せない場合もあります。

特に心配をかけたくないという理由ですね。

私もそうでした。

私の場合は、近くに元同僚がいました。

元同僚ということもあり、職場環境も人間関係も知っていたので、話が盛り上がり、気が晴れるまで話をしたらスッキリしました。

しかし、誰にも話が出来ず、自分1人で極限状態にまで、悩んでしまうことはあります。

この場合は、心療内科の医師に話してみるのも一つの手です。

私も何回か、心療内科の医師やカウンセラーの人に、話しを聞いてもらいました。

話していると、誘導されているのかもしれませんが、心の整理はつきます。

また待合室で、心療内科とは縁のなさそうな人まで通院していた、なんて事実を知るケースもありました。

その時に、「こんな人も悩み抱えているのだ」と少し安心した経験もありました。

なかなか心療内科ときいて、抵抗あるかもしれないですが、試してみる価値はあります。

スポンサーリンク

体験談や同じ境遇の人の話を聞く

ネット上に多くの体験があるので、それらを見て「あるある」と思うと少し安心できます。

ちなみに、私の知り合いには、水商売に関わっていたという人が多くいます。

その中には、海外でバーテンダーをやりたいと思って、頑張っていた人がいました。

結果、修行した店が悪かったのか諦めてしまいました。

聞いた所、給料15万だったそうです。

  • 保険(失業保険を含めた)など一切入っていない。
  • 1年に1回か2回しか休みがない。
  • 余った食材は全て買い取り。
  • 3年頑張ったが、2年分給料は貰っていない実質タダ働き。

という状況の中、2人の従業員(従業員ていうのですかね)で頑張ってきたそうなのですが、オーナーの借金のため店は閉店。

知り合いも、海外に行くために、貯めていた貯金を使い果たしたのと、肉体的・精神的に疲れが出てしまいバーテンダーの道を諦めたという話を聞きました。

本当はいけないことですが、サービス残業行為が横行していた、当時、私が勤めていた会社の方がましかな、と少し安心といいますか、考えさせられました。

このように体験談を聞くだけでも、少し落ち着きを取り戻せると思います。

スポンサーリンク

転職サイトに登録して視野を広げよう

そして少し落ち着きを見せたら転職サイトに登録してみましょう。

頭がパニック状態では冷静な判断はできないですからね。

・・・とその前に、転職するに当たって、自分に合ってない会社に就職する事は避けたいものです。

なので転職する前に必ず自分の強みを確認しましょう。

とは言うものの、自分で強みが何か、客観的に把握しづらいものです。

・自分の強みがうまく語れない

・日頃の仕事の中で自信が持てなくなってきている

といった方には、以下のサイトのグッドポイント診断がオススメです。

会員登録して診断に答えるだけで自分の強みが見え、診断結果は自己分析にも活用できます。

無料&所要時間約30分で、自分でも気づかないような意外な強みが見つかることも・・・

今すぐこちらをクリック↓↓↓

グッドポイント

▼参照記事はこちら▼

【会社を辞めたい人必見】グッドポイント診断を活用してブラック企業を卒業した私の事例!

ただ、私の場合は少し趣旨が違って、会社という小さな村社会のなかにいますと、どうしても外の景色が見えなくなります。

その事をわかった上で、バカ社長は、「ここを辞めても、どこも行く所無いぞ!世の中甘くないぞ」が口癖でした。

その言葉に、みんな洗脳されてしまうという感じで、「辞められない」と思い込んでしまい身動きが取れなくなりました。

私もその1人で、「30代の自分には価値がない」と思っていましたが、やはり限界があります。

思い切って登録した所、意外と紹介が多いのに、「あぁ~自分にもまだ価値があるのか」と勝手に想像すると、気が晴れてきた経験があります。

ですから、これも一つの安心になるので、転職する、しないに関わらずオススメです。

まとめ

  • 紙に今思っていることを書いてみる
  • 話を聞いてもらう
  • 体験談や同じ境遇の人の話を聞く

いかがでしたか、これら3つのまたは、どれか一つでも、試してみては!!

きっと新たな気持ちで、一歩踏み出せるのではないでしょうか。

▽転職を本気で考えているあなたが今すぐ読むべき記事はコチラ▼

面倒な手続き一切不要で会社を退職出来る革新的サービス↓↓

退職代行サービスEXITの口コミ・評判!手続き一切ナシで会社をおさらば

自分に合った転職サイトを見つけたいあなたはこちら↓↓

【年代別】おすすめ転職サイトを徹底比較!口コミ評判からあなたにピッタリのサイトを見つけよう!

自分の【強み】を知りたいあなたはこちら↓↓

【無料】グッドポイント診断で自分の強みが丸わかり!ブラック企業を卒業した私の事例!

スポンサーリンク

コメント