職場にいるネチネチした男が嫌!3つの対処法を紹介

職場

仕事をする上で人間関係で悩むことは常にあります。

その中でも、ネチネチした陰湿な同僚と関わってしまう事ほど、心苦しいものはありません。

私も以前、このような輩と一緒に仕事をしましたが、かなりの精神的に追い込まれてしまいました。

やはりある意味、開き直りも必要だと思います。

今回、私なりの解釈で対処法を紹介しますので、参考にしてもらえたらと思います。

職場にいるネチネチした男が嫌!我慢するだけストレス増大

ちなみにネチネチとは「ネチネチ=しつこい」「ネチネチ=くどくど」「ネチネチ=チクチク」という意味だそうです。

そして職場にいませんか?こういう人(男)が…

  • その場では何も言わないのに、後になって「あのときは…」と文句を言う。
  • 過去の失敗をいつまでも愚痴る。
  • 発言に”自己保身”が見え隠れする。
  • 「相手が悪い」とこじ付け、自分の過ちを認めない。
  • 性格がきっぱりしていない。

こういう人がネチネチ系(粘着質)と言われています。

この人達に共通していえることは、とにかく自分のことしか考えていない”自分勝手”&”自己中”ということです。

もちろん人として常識的な対応が通用しません。

大人の対応(我慢)をして、後で「なんであんなこと言われないといけないのか?」と自分の対応(我慢)に後悔した事も多々あると思います。

ですから、一筋縄ではいかない人達に、大人の対応(我慢)をすればするほど、ストレスが溜まり、自分で自分の首を絞めてしまう状況になってしまうということです。

スポンサーリンク

職場のネチネチ男に怒りで夜も眠れなかったことも

私がブラック企業にいた時です。

同じ時期に入社したAがいました。

入社した当初からAの発言には「~だと思いますけど…」といった”発言に”自己保身”が見え隠れする”わざとはっきりさせない”という感じがして、私は内心、嫌悪感を持っていました。

Aの職場は私の前工程でした。

Aのミスで不良出しても案の定、「相手が悪い」とこじ付け、自分の過ちを認めないという態度を繰り返していたので、私含め周りからも反感をかっていました。

しかしある時、Aは職場移動で私の後工程になりました。

間が悪いといいますか、ちょうど私の部下にあたる後輩がミスをしてしまい不良を出してしまい、これ見よがしに、Aが…

「あなたが上司だからあなたの責任ですよ。」

「なぜ、こんなことも教えられていないのですか?」

「社会人として恥ずかしくないのですか?」

等、ことある事に執拗に話かけてました。

当時の私は、あまり周りと揉めたくないという気持ちが強かったので、ぐっと我慢していましたが、その代わりに身体中に蕁麻疹が出来るほど、ストレスは半端なかったです。

そして休日前のある日、営業から客先不良が発生したという報告がありました。

詳しいことは休日明けに連絡しますということでしたが、真っ先にAが「今度もあなた達じゃないですか?」と発言。

さらに「今のうちに謝ってたほうがいいのでは?」と執拗に言ってきましたが、結局言い返す事が出来ず…。

イライラして怒りで夜も眠れなかず、久しぶりにあった休日も、ゆっくり休むどころか、怒りで無駄にしてしまったことを昨日のように思い出します。

スポンサーリンク

【これで撃退】3つの対処法を紹介

まず、こういう人には一般的な常識が通用しないという考えを持つことです。

その考えを持った上で…

  1. 自分が不快だということを相手に示す
  2.  総務課(人事)に相談
  3. 転職

という2つの対処法があります。

自分が不快だということを相手に示す

やはり我慢だけではどうにもならないので、ある意味開き直って言い返しましょう。

こういう人は自分の事は棚にあげて…というパターンが多いので、いくらでも言い返せると思います。

私の場合も、Aは他の職場の人(女性)にセクハラまがいの事もしており、その事を指摘すると、しばらくは絡んでこなくなりました。

このように、言い返せる要素はいくらでもあるので、開き直って言い返しましょう。

総務課(人事)に相談

それと同時に、言い返すだけではなく、距離を置く事も必要です。

総務課(人事)に相談してみましょう。

上司だと”なぁ~なぁ~”ですましてしまう可能性が高いので、直接総務課に相談したほうが無難だと思います。

私も「Aの関係性について悩んでいます。職場移動させてほしい」と人事担当に相談しました。

総務課もAについての問題は把握していたみたいで、すぐに対応してもらい、私が移動ではなくAが職場移動となりました。

ですから1人で我慢するのではなく、総務課に相談してみるのもアリということです。

転職

それでもダメな場合は転職を考えましょう。

私は上手くいきましたが、なかなか上手くいかない場合も多々あります。

人間関係において、状況が好転しないときの苦しみは人それぞれですが、計り知れないものがあります。

その状況を打破するには転職も1つの手だと思います。

下記にランキング形式で転職サイトがまとめてあります。

参考にしてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

ネチネチ男とはサヨナラ…転職して本当に良かった

しばらくAとは距離が離れていたので、関わることがなかったのですが、Aからセクハラ被害をうけていた女性社員が辞めたとたん、何を思ったのか(おそらくセクハラの指摘要素が無くなった)また、Aが執拗に絡んでくるようになってきました。

ただ私は仕事の激務で心身ともに疲弊していたこともあり、転職を決断。

その後、転職サイトに登録して3ヶ月後にはスムーズに転職することができました。

あれだけネチネチ男に対して夜も眠れないほどストレスを抱えていたのが。。。転職した初日の夜からぐっすり眠れるようになっていたことにビックリ。

ストレスが軽減でき、なおかつ収入が増加。転職して本当に良かったと思います。

職場のネチネチ男に少しでも違和感を覚えたら、転職も視野に入れるべき

今思えばストレスもそうなのですが、Aに悩まさられるようになると、家にいるときや休日など、仕事以外の時でもAのことを考えていました。

その時間が非常にもったいなかったと、これだけは今でも後悔していますし、もっと早く転職しておけばよかったとも思っています。

私みたいに貴重な時間を無駄にしない為にも、職場のネチネチ男に少しでも違和感を覚えたら、転職も視野に入れておくことも必要だと思います。

スポンサーリンク



転職を本気で考えているあなたが今すぐ読むべき記事はコチラ

面倒な手続き一切不要で会社を退職出来る革新的サービス↓↓

退職代行サービスおすすめNo.1!料金や口コミ・流れや内容を徹底解説

自分に合った転職サイトを見つけたいあなたはこちら↓↓

無料診断あり:ブラック企業出身者の私がおすすめする転職サイト3社

自分の【強み】を知りたいあなたはこちら↓↓

【無料】グッドポイント診断で自分の強みが丸わかり!ブラック企業を卒業した私の事例!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました